Ophir Photonics Blog
TOP
jp

詳細を参照: ワイドビームイメージャー [WB-I]

VCSEL は多様なリモートセンシング(遠隔計測)および認識アプリケーション等に幅広く使用されています。多くの場合、大型デバイスや、かさばる機器の重要なパーツとして利用されています。

WB-I は製造プロセスの任意の段階で、お客様の現場またはデバイス内で、VCSEL やLEDなどの発散またはワイドソースの遠方のビームプロファイリングを可能にします。

現場での誤作動の特定 – ケーススタディ

あるサービスエンジニアが修理に関する質問を受け付けました。質問内容は、リモートセンシングデバイスに関してですが、誤作動による不正確な結果が表示されたとの事です。お客様は、彼の大きくてかさばるシステムが故障診断のために研究所に出荷されることを考え、動揺していました。これには、解体、再設置、および貴重な時間の損失が含まれるからです。 しかし今回は、サービスエンジニアがワイドビームイメージャー(WB-I)を使用して現場で故障を特定することができました。 WB-I測定は、重要な設定を必要とせず、お客様の現場で直接「すぐに使用」できました。

サービスエンジニアは、OphirSP920sカメラとBeamGageProfessionalソフトウェアを備えたワイドビームイメージャーを使用して、さまざまな電流値でVCSELプロファイルを測定しました。

このエンジニアはリモートセンシングに使用されるVCSELが、予想とはわずかに異なる電流でLEDからレーザーモードに変化することに気づき、それに応じて電流値を変更しました。

修正後にリモートセンサリングシステムはテストされ、正しく動作する事が確認されました。

«

»

what do you think?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Stay Updated

JOIN US TODAY!
Receive the latest posts via email

JOIN US TODAY!
Receive the latest posts via email