Ophir Photonics Blog
TOP
jp Uncategorized

BeamWatch Integrated、生産ラインの重要なレーザービームのパラメーターを測定

近年、生産ラインでは、より高出力な切断および溶接レーザー装置が導入されていますが、時間不足や複雑性のため、生産プロセ ス中にレーザービームの品質がチェックされていないことがあります。レーザー加工の品質には、レーザー自体の品質が直接関連 するため、自動車産業などスループットの高い生産ラインでは、大量の欠陥部品が出る可能性があります。損失や安全性の問題の リスクが大幅に高まるだけでなく、レーザービームの品質をモニターしていないと、問題が発生した時の根本的な原因を見つける ことができません。

この様な問題に対処するため、BeamWatch Integratedは開発されました。特許である非接触BeamWatchの測定原理(レイリー散 乱を使用)に基づき、この技術は、ビデオレートでビーム集光曲線に沿った複数のプロファイルの同時計測を可能にし、数分の1 秒でISO13694およびISO11146規格に準拠したビームの主要パラメーターが計測できます。リアルタイムの測定により、NISTトレ ーサブルのパワーセンサーで値を読み取る間に、焦点シフトの検出も可能です。

シャッター付きで丈夫に設計されたBeamWatch Integratedは、コンパクトな自己完結型システムで、様々な種類の溶接ヘッドに対 応します。多様なインターフェースにより、システムを生産ネットワークや自動製造ラインに統合し、測定データを簡単に直接転送 することが可能です。

短時間計測により、積み込み/積み下ろし中に、各生産ユニットごとにレーザービームの自動チェックが可能です。さらに、標準イ ンターフェースを使用してすべてのパラメーターを読み取り、プロセスモニタリングの一部として、必要に応じて個別の構成部品ご とに一貫して文書化することが可能です。大量の測定データに基づくため、図表化された傾向は精度が高く、予知保全に役立つデ ータが得られます。

測定するパラメーターには許容値や上限値を設定することで、必要に応じて是正措置を行うトリガーが可能です。非接触測定によ り計測器の摩耗が起こらないため、BeamWatch Integratedは、ほぼメンテナンスなしで動作します。

«

»

what do you think?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Stay Updated

JOIN US TODAY!
Receive the latest posts via email

JOIN US TODAY!
Receive the latest posts via email