Ophir Photonics Blog
TOP
jp

PD300RM-UVA: Ophir の新しい放射照度および線量センサー

Ophir の放射照度および線量センサーファミリーである PD300RM-UVA に新しいメンバーが加わりました。このブログ投稿では、広帯域 LED光源の測定など、特定のアプリケーションに対する利点について説明します。

まず、その設計につきまして-センサーは、さまざまな位置での放射照度のより正確なマッピングのための小さな2.75mmの開口部と、角度感度を排除するためのコサイン補正のためのディフューザーを備えています。その放射測定範囲は1.5μW/ cm²– 15W /cm²です。

このセンサーは、製品ファミリーの他の製品のように黒色アルマイト処理されていませんが、センサー本体での光の吸収を減らすために元の金属色を維持し、UV の影響に対する耐性を高めています。また、センサーヘッドとOphir メーター (StarLiteStarBrightJuno+) の いずれかに接続する耐UVケーブルも装備されています。

PD300RM-UVA 放射照度および線量センサー

さて、新しいセンサーの主な機能である350 ~ 450 nm の波長範囲でのフラットなスペクトル応答は、なぜそんなに重要なのでしょうか?放射照度および線量センサーは、通常、光吸収要素としてフォトダイオードに基づいています。フォトダイオードの応答性は光の波長の関数として変化するため、光源のパワーまたは放射照度レベルを正確に測定するには、ユーザーは光の波長をメーターに入力して校正された読み取り値を取得する必要があります。

しかし、正確な波長が不明な場合、またはサーマルシフトのために時間とともに変化した場合はどうなるでしょうか? LED などの広帯域光源を測定する場合、さらに大きな問題があります。この光源は、全幅 – 半最大帯域幅が 10 ~ 20 nm の場合があります。この場合、単一の波長はありません(したがって、単一の校正係数もありません)が、このことが光スペクトルを特徴づけるものであるため、通常の放射照度センサーでは正確な測定は不可能です。

正確な光の特性を知らなくても、正確な放射照度測定が必要な場合があることをご理解いただけたと思いますので、次は解決策につきまして- フォトダイオードの応答曲線が原因で問題が発生するため、全体の応答性を平坦化する別の光学要素を追加することで解決します。フォトダイオードが出力する電気信号が光の波長に依存しないことを確認できれば、調査対象の光源を正確に測定するために正確な波長を知る必要はありません。

この目的のためにOphirのチームが設計した光学素子が、フォトダイオードの応答曲線に反比例する独自の透過特性を持つカスタムメイドのフィルターです。.

したがって、センサー内に配置すると、350 ~ 450 nm の波長範囲でフラットな応答が得られます。平坦性をさらに改善するために、この範囲を UV (350 ~ 400 nm) と VIS (400 ~ 450 nm) の 2 つに分割し、付属のメーターで簡単に選択できるようにしました。このように、新しいセンサーで広帯域光源を簡単に測定でき、異なる光源を同時に測定することも可能となります。

詳細はぜひ、私達のウェブサイトでご覧ください。

«

»

what do you think?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Stay Updated

JOIN US TODAY!
Receive the latest posts via email

JOIN US TODAY!
Receive the latest posts via email